【ブルプロ】OBTに向けて時短すべき3つのポイント

OBTに向けて時短すべき3つのポイント

こんにちは、今回はBLUE PROTOCOL(ブルプロ)のオープンベータテストに向けて、「OBTに向けて時短すべき3つのこと」を紹介していきます。

CBTをプレイしていて「ここの場所どこだ?」とか「このモンスターどこにいるんだ?」や「このどうやって開放するんだ?」みたいなこと一つはありましたよね?

そんな悩みを解消して、OBTで効率的に攻略してきましょう!

OBT|時短すべき3つのポイント

それは

  • 踏破スポットの位置
  • ネームドモンスターの湧き場所
  • リキッドメモリ

の3つです。

うえから順に解説していきます。

OBT|時短すべきポイント①:踏破スポット

踏破スポットの役割として、マップに覆われた雲を晴らすことでマップ全体が見やすくなるというものですが、踏破スポットの位置を最初から把握していれば、いちいち探す時間を使わずとも、ストーリーを進めるついでに、済ませることが可能です。

私自身、CBTではメインストーリーをクリア後、マップを開いて「あぁ…ここまだ雲晴れてないや。踏破スポット探さなきゃ」という風にため息を吐いてしまいました。

このように踏破スポットの位置を知っているか、知ってないかで大きな時間差がでてきてしまいます。

そんな差を出さないために踏破スポットの位置はメインストーリーに合わせながら確認して効率よく進めていきましょう

踏破スポットの位置はこの記事にまとめていますので、ご活用ください。

踏破スポットまとめ 【ブルプロ】マップ『踏破スポット・空間転送ポータル』まとめ

OBT|時短すべきポイント②:ネームドの湧き場所

ブルプロにおいて、バトルイマジンを作成する「イデア」は必要不可欠でそのイデアがドロップするネームドモンスターの湧き場所をちゃんと把握しておくことが最速攻略のカギになります。

メインストーリーのクエスト、サブクエストの両方にバトルイマジンを作成する内容のものがありまして、結果的にすべてのバトルイマジンを作る羽目になるわけです。

そのため、今やっているクエストが関係なかろうと、道中で湧いたネームドモンスターは必ず倒すことを徹底しましょう。

ちなみに、ネームドモンスターが瀕死でも必死で殴りに行きましょう。

ブルプロは1ダメージでも与えればドロップ権が発生しますので血走るぐらい必死に食らいつきましょう。

ネームドモンスターの湧き場所はこちらでまとめてますのでご活用ください。

ネームドモンスター 湧き場所まとめ 【ブルプロ】ネームドモンスター湧き場所まとめ

ドロップ権などについての詳しい解説を知りたい方こちらを読んでください。

ドロップシステム 徹底解説 【ブルプロ】ルート権・アイテムドロップシステムについて解説

OBT|時短すべきポイント③:リキッドメモリ

最後はリキッドメモリについてです。

リキッドメモリはドロップ率を上げたり、採取の効率をあげたりと時短で役立つコンテンツのことです。

ですが、リキッドメモリはストーリークリア後に解放されるコンテンツなんです。

つまり、これまで紹介していたものとは違って、ストーリーと並行しながらできないので、メインストーリークリア後に時短できるものになります。

それでも紹介するということはブルプロにおいて本当に大事なコンテンツであるため、紹介させていただきます。必ず利用してください

リキッドメモリは最初に言った通り、ドロップ率、採取の効率からルーノ(通貨)の値引きなど様々な効果を発揮するので、利用しないなんて本当にもったいないです。

解放条件としては、見つけづらい場所にいるNPCからクエストを受けて、見つけづらい場所から何かを探さなきゃいけなかったりと情報がないとめちゃくちゃ時間がかかります。

リキッドメモリの効果から最適な使用方法、すべてのクエストの解放条件までまとめてますので、必ず覚えておきましょう

リキッドメモリ徹底解説 【ブルプロ】リキッドメモリ徹底解説

最後に

OBTに向けて時短すべき3つのポイントを紹介させていただきました。

うち2つに言えることは「メインストーリーと並行してやること」です。

この2つを意識してプレイするだけでも多くの時間を削減できるでしょう。

そして最後に紹介させていただいたリキッドメモリはメインストーリークリア後、本当に役に立つコンテンツです。

メインストーリークリア後はひたすらにイマジン、武器を作る作業になります。

その作業を時短できる最強のコンテンツなので必ず解放して利用しましょうね。

では、今回も記事を読んでいただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。