【ブルプロ】CBTからOBTまでに公開された最新情報まとめ

cbtからobtまでのブルプロ

BLUE PROTOCOLのクローズドβテスト(以下CBT)が2020年4月23日(木) ~ 4月27日(月)21:00に実施されていましたが、その後まとまった新情報と言えば、2020年6月19日(金)に公開されたCBTフィードバックレポートのみとなっていました。

そのため本記事ではすべてを一覧できるようフィードバックレポート含め、今後行われるテスト(オープンβテスト等)までに公開された確定された新情報を関連別に見やすくまとめていきます。

▼CBTフィードバックレポートはこちら(BLUE PROTOCOL公式HPに飛びます。)

>>クローズドβテスト フィードバックレポート

追加で新しく情報が出た場合は、この記事に追記していきます。Twitterでお知らせさせていただきます。

インタビュー記事等から情報を抜粋しているため、詳細情報を知りたい方は前回の記事でまとめてますので、そちらをご覧ください。

CBTからOBTまでに公開された新情報一覧

OBTや正式サービスはいつになるか

■ OBTや正式サービスがいつ頃という話はまだできない。

■ テスターの集め方の例として、今回のCBTを熱心にプレイしていただいたユーザーを招待して、そこで集まった人数を追加で集めたりといったことを想定している。だが、どのようなテストになるかはまだわからない。

戦闘・エネミー関連

■ 基本的には、特定のクラスがいないとクリアできないということにならない調整。エンドコンテンツに相当するものでは、特定のクラスがいないとクリアできないという仕様も考えている。

■ ネームドエネミーの出現時間の調整や、特定条件下での出現などの条件追加を実施予定。

■ 有効ではない属性のバースト効果を抑え、有効な属性やバースト効果を活用できていると感じやすいよう、倍率変更を実施。

■ ボスエネミーでは特定の部位を攻撃する事で体勢を崩しやすい状況を発生させたり、特定属性では部位破壊を行いやすい、といった戦略要素を追加していく予定。

■ エネミーの攻撃パターンの増加、ダンジョンごとの個性を増やし、単調さを感じにくい調整を実施。

■ スキルや連携のダメージ量を確認できる木人・カカシのような機能を追加。

■ フィールドエネミーの経験値量を多くする変更しない。

キャラクター・装備(イマジン)関連

■ 装備セットを登録し切替ができる機能を追加。
– クラスチェンジ時に事前に登録した装備セットで切り替えができる。

■ 基本ステータスに各パラメータの説明を追加。

■ 武器やマウントにスキル効果が付与。
-スキルボードにあったアビリティ関連が付与される可能性が高い。

■ イマジンのレベルシンクを実装予定。
– 実装されれば、メインと同じイマジン装備でサブクラスを育成できるようになる。

強化・融着関連

■ 精錬時に現在のクラスレベルまでの強化に必要な個数を、自動的に選択できるボタンを追加する予定。

■ 融着の素材表示を倉庫・バッグで切り替えられるようにする予定。

■ 融着後のアビリティ消去や上書き、再抽選などが可能なように検討中。

クラス・スキル関連

■ 新クラスは開発中だが、実装時期は未定。

■ バフ、デバフの効果時間や残り時間表示の実施を検討。また、色分けの実施で視認性を向上し、効果を分かりやすく、区別がつきやすくなるよう変更。

■ 同じような役割のスキルは見直して、様々なプレイスタイルを許容できるよう調整。プレイスタイルのバリエーションをビルドで選択できるような方向性。

■ 通常攻撃派生はシチュエーションに併せて素早く使用できるように調整。

■ ブラストアーチャーの通常攻撃派生は刷新。

■ イージスファイターの盾を構えた後のカニ歩きを修正。

マウントイマジン関連

■ マウントはエネルギーが切れたら降りて新しいのに乗るではなく、乗り継げる。エネルギーが切れそうになると、隣に次のマウントが現れて、そこに飛び乗るといった感じ。

■ マウントによってエネルギー量の差が出る可能性が高い。

■ スピードはおそらく同一。

■ 飛ぶマウントは出ないが、ホバー的な浮くマウントは出る可能性アリ。

クエスト・クラフト関連

■ 繰り返し可能なクエストやデイリークエストを実装。

■ メイン画面のクエスト最大表示数を増加し、複数のクエスト進行状況をメイン画面で確認できるように変更。

■ クラフトを行いたいものを登録する事で、必要素材や入手状況が確認できるウィッシュリスト機能を実装。

■ クエスト受注前にクエスト目的のアイテムをクラフト済みの場合、途中のステップを飛ばして報告できるよう変更予定。

■ フィールド踏破ボーナスの追加を検討。

バッグ・倉庫・鑑定関連

■ 初期状態のバッグ容量を調整。

■ バッグ容量はゲームプレイを行うことで拡張。

■ バッグの容量をリキッドメモリで一時的に増加できる。

■ 永続的な容量アップも実施予定だが、条件は決まっていない。

■ 鑑定は鑑定済みにした素材を納品することで、次に採取したときに鑑定済みになる。

■ あるアイテムを鑑定済みにするには、別のアイテムを納品する必要があるという仕様も加える予定。

■ 鑑定済みの素材はバッグから倉庫に送ることができる。(街やフィールドでも)

■ 倉庫のソートの項目数を増やし、前回選択のソート状態を維持する形に変更する予定。

生活コンテンツ・トレード売買関連

ゲームサイクル上、露店やトレード機能との相性が悪い為、生活系コンテンツを実装し、このコンテンツに関わる素材や結果物のトレード・売買が必要となった際に実装。
-生活コンテンツ以外でトレード・売買を実施することはない。

■ 生活コンテンツは正式サービス後のアップデートにて追加を行っていく予定。

トーク・コミュニケーション関連

■ トークログのフィルタ項目を増やし、詳細設定が可能なように対応。

■ 複数のトークログをタブ型で統合・分離できる形を検討。

■ タブ状態の場合には表示していないタブへの新規ログの受信通知・表示なども併せて検討。

■ トークログ上のキャラクター名の選択で、コミュニケーションウィンドウを開くよう変更する予定。
– ブロックやフォロー等を簡易にできるようになる。

■ ジェスチャーの種類は今後も追加。

■ ダンス以外でも他のプレイヤーと一緒に行えるジェスチャーを検討。

■ ギルドのような複数のプレイヤーが所属する機能を実装予定。

カメラ・スキリーンショット関連

■ 撮影用モードを実装予定だが、本番サービスに間に合うかどうかはわからない。
– カメラ移動を含め、SS撮影モードで綺麗に撮影できる機能や保存先変更機能。

■ SE等の追加を行い、撮影したことが分かりやすくなるように検討。

キャラクターメイキング関連

■ 顔タイプと体型が1対1の状態から、選択幅を広げる。

■ パーツの種類(バリエーション)の増加。

■ パーツのカテゴリの増加。

■ 特定パーツの角度等を調整できる機能の追加。

■髪型のグラデーションの境界ぼかし機能追加。

■髪型のグラデーションの位置設定追加。

■ 選択できるボイスの増加。

■ 衣装、アクセサリーの種類を増加。

■ 着用できる部位を大幅に増やす予定。

■ アンダーウェアを実装。

■ キャラクリエイトで人間以外の種族を追加する予定はない。
– 今後アクセサリーが増え、組み合わせによって「亜人」のように見せるということはできるかもしれない。

課金関連

■ ユーザーイベントなどにプライベートチャンネルを貸し出すが特定の条件下でお金を支払うことで可能。

■ 衣装、身を飾る要素とかはたくさん提供していく予定。

■ バッグ拡張を課金で出す気はない。

■ 便利系、時短系、シーズンパスを販売予定。

追加で新しく情報が出た場合は、この記事に追記していきます。
Twitterでお知らせさせていただきます。

今後も「LUNO」ではBLUE PROTOCOLに関する最新情報、攻略情報を公開していきますので、どうぞよろしくお願いします。

新着情報を知りたい方はぜひTwitterのフォローをよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。