【ブルプロ】CBT前にしっておきたい『全』情報まとめ

BLUE PROTOCOL

CBT前全情報まとめ / システム・仕様

開発者だより、ブルプロ通信で発表されたすべての情報をまとめました。
CBT前にしっておきたい情報はすべて詰まっています。
ゆっくり知識を蓄えて、CBTに備えましょう。

料金形態

Free-to-play 基本プレイ無料 アイテム販売の形式。
衣装は外見を楽しんでもらうためのものとして、能力は付与しない。
ゲームサイクルとしてより強い武器を作っていくことが目的なので強力な武器そのものを販売することはない。

販売品

便利系、時短系、シーズンパスを販売予定。
シーズンパスはMMOゲームによくあるプレミアムサービスとFPS系によくあるバトルパスをミックスしたもの。
課題をクリアしてシーズンパスのランクを上げていくことで特別な報酬を得られる。

衣装

クラス縛りはない。

染色

今のところは色違いの衣装をGCショップで購入可能。
今後染色できるよう開発していく。

ゲームパッド

対応している。
・日本マイクロソフト株式会社 / Xbox One Wired PC Controller 4N6-00003
・株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント / PS4用ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)
・株式会社ロジクール / ゲームパッド F310r
・エレコム株式会社 / ゲームパッド JC-FU2912FBK

モニターサイズ

フルHDまで。
開発が着手できる状態になったらウルトラワイドモニターとかに対応するかも。
現在も使えるが、フルHD表示で左右が真っ黒表示になる。

ゲーム内設定

UI

HUDレイアウト設定で画面に映る各項目を自由に場所を移動できる。

操作設定

クラスごとに設定を切り替えられる。

ショートカットリング

気軽に定型文を発信できるもの。
ダンジョンでも使用可。

スクリーンショット撮影専用モード

ある。将来的にはカメラ機能を充実させる予定。

ロックオン機能

マウスのスクロールキーの押し込みでロックオンできる。(デフォルト設定)

ベンチマークソフト

CBTではないが、作成中。
ベンチマーク内でキャラクリ可能。

先行キャラクリエイト

4月20日にできる。

誤情報です。申し訳ありません。

PvP

実装予定はないよ!

グローバルサーバー

海外展開は考えている。

ギルド

未実装。今後ギルド的な機能は追加予定。
ギルドに縛られるコンテンツの実装しない。

生活系コンテンツ

メインサイクルとして戦闘系。戦闘系のコンテンツが充実してきたらサブサイクルとしてやっていきたいと考えてる。

プレイヤー間のトレード、取引仲介所

プレイヤー間のトレード機能はいまのところない。
素材を集めて強くなるというゲームサイクルと合わないため。
BOTやRMT対策でもある。
戦闘系で出たアイテムを取引は実装せずに生活系コンテンツ系の需要を満たすために実装するかも。

アカウント内でのアイテム共有

CBTではアイテム共有できない。正式サービスに向けて、アイテムを送れるレターのような機能を追加予定。すべてのアイテムを送れるわけではない。

チャンネル

ゾーンの人数上限になった場合に並列でチャンネルを生成し、そのチャンネルに移動する。チャンネルを選択して移動することはできない。
パーティを組んでいる方とは優先的に同じチャンネルに移動する仕様になっている。
同じゾーンにいる場合パーティ集合機能があり、同じチャンネルに飛ばされる。

ゾーン

実際のゲームプレイ上でローディングなしで移動できる範囲のこと。
ゾーンの区切りを超えるとローディングが発生する。
アルテルリーズ内は200人が上限。フィールドは30人が上限。ダンジョン6人。
ただし、ダンジョンの自由探索やレイドボスに関しては30人であったりとコンテンツによって入場可能数は変化する。

トーク

町とフィールド、ダンジョンでの自由探索では自由入力でのトークが可能。
その他のダンジョンやレイドや闘技場等のアクション性の高いゾーンでは自由入力のトークが行えない。
その代わり、ショートカットリングやスタンプは使える。

チャット

近距離、フィールド全域、パーティ、プライベートの種別がある。

フレンド機能

CBTではフォロー、フォロワーという呼び名で存在していてキャラクター依存である。

ブロックリスト

ブロックリストに登録したプレイヤーのトーク、チャットは見えなくなる。
ブロック対象者のパーティ募集機能で募集されている内容は表示されなくなる。

戦闘系

パーティ

フリーマッチング

ダンジョンへ挑む際、クラスの縛りはない。
気軽に参加できる。

パーティ募集機能

クラス等の縛りをつける際はこちらで募集をかける。

レベルシンク

自身のレベルより低いエネミーに対してレベルシンクされる。
HP等の防御系に関しては変化しない。

属性

エネミーによって弱点属性があり、ダメージ増減も見込まれる。
スキルだけでなく、武器にも属性がある。
属性よりも特攻を上げたほうが効率はいい。

詳しくは

>>属性まとめ

アイテム等のルート権・アイテムドロップ権

用語説明

ミッション (※ダンジョン(自由探索を含まない)、闘技場、レイドタイムアタックのこと。始まりと終わりが明確に存在しているコンテンツのこと。)

詳しくは

>>ルート権・アイテムドロップシステムについて解説

ルート権発生

1,自分がエネミーを倒す。
2,パーティメンバーがエネミーを倒す。
3,自分もしくはパーティメンバーが対象のエネミーに1ダメージ以上を与えた状態で、そのエネミーが他のプレイヤーに倒される。
※2&3は同じMAPのエネミー討伐位置から一定距離内
横殴りの概念はなく、共闘と呼ばれる。

クエスト・経験値

パーティを組んでいてエネミーを倒した場合
全員達成&100%経験値を得る ※クエスト受注・同じMAPの一定距離内
ダメージの有無は関係なし。
他のパーティに関してはダメージさえ与えていれば上記に同じ。

アイテムドロップ

ミッションではパーティメンバー全員獲得。※個別ドロップ判定のため、もらえるアイテムが異なる場合がある。
フィールドではダメージを与えていれば全員獲得。パーティメンバー内に撃破したプレイヤーがいればダメージを与えていなくてもアイテムドロップ権を得られる。

宝箱

エネミーを倒した際、フィールドに落ちている、ミッション内にある。
エネミーを倒した場合はルート権があれば見える。
フィールドに落ちている場合は全員が取得できる。自分がとらない限りなくならない。横取りの概念がない。
ミッションはPT全員が1回ずつ取得可能。

ミッションリザルト

ミッション攻略時にリザルトとして入手できるアイテムはMAP内にいた全員が獲得できる。

自動追尾機能

キャラクターを選択して追従で可能。
攻撃を受けると切れる。

デスペナルティ

虚弱状態になり、足が遅くなる、与えるダメージ減少等。
救護の場合はなし。

スキルプリセット切り替え

CBTでは未実装。今後あるかも。

コンテンツ

キャラクター

キャラ名

キャラ名は重複可能。
12文字までで、英数字、ひらがな、カタカナ、第二水準の漢字つけれる。
使いたい記号があれば、要望したら可能になるかも。

プレイヤーキャラボイス

男女共に3種類の中から選択可能。増やす予定。

キャラクターの外見変更

ゲーム内に外見を変更できる施設を作る予定。
性別変更も可能。

作成可能人数

2キャラクターまで作成可能。

クラス

イージスファイター
ツインストライカー
ブラストアーチャー
スペルキャスター

新クラスも鋭意制作中。

レベル

レベル上限は35。

バトルスコア

キャラクターの総合スコア。
レベル、装備、スキル等を総合的に判断したスコアのこと。
大体のコンテンツはこのバトルスコアによって入場制限がかかる。

武器

素材を集めて制作する。
武器に属性がついてあるものがあり、無属性スキルがその属性になる。
レベルの概念があり、プレイヤー自身のレベルが上限となる。

イマジン

生物の想念や強い感情や思い等の精神的な要素が具現化したものがイマジンという。これを使用すると色々な効果を発揮できる。その中で戦闘に役立つものをバトルイマジンと呼ぶ。
バトルイマジン、インナーイマジン、マウントイマジンに分類される。
イマジン研究所で制作。
レベルの概念があり、プレイヤー自身のレベルが上限となる。

詳しくは

>>イマジンを詳しく解説

クエスト

サブクエストはミニマップでのみ表示される。※一部クエストはメインマップでも表示される。
特定の条件を満たすと解放されるクエストも存在する。

フィールド

全体マップは踏破ポイントを調べないと雲に覆われていて詳しく確認できない。フィールドを探索すると踏破ポイントというポイントがあり、調べることで全体マップが晴れていき、見やすくなる。
CBT新フィールド「バハマール高原」

ダンジョン

上限6人。1人でも攻略可能。
CBT新ダンジョン「神懸の御柱」

自由探索

通常フィールドと同じ上限30人でみんなで探索できるダンジョン。
基本的にエネミーはリポップする。ネームドが湧くこともあり、ダンジョン内で採取も可能。
フィールドによく似たダンジョン。

CBT新規コンテンツ「巨竜の爪痕 自由探索」

レイド

基本最大入場可能人数は20人。コンテンツに応じて変化する。
フィールド上に入口が出て、専用エリアで戦う。
20人を超えると、チャンネルと同じ仕様で新たな専用エリアで戦うことになる。

報酬

戦闘不能かそうでないに関わらず、MAP上に存在していたプレイヤー全員に基本報酬が入る。
また、成績上位者をランキングで公開。総合ランキング、クラス別ランキングで3名ずつ公開される。最多ダメージ、最多支援等の部門と部門賞を用意している。
ランキング上位者と部門賞入賞者には追加報酬が発生する。
急にコンセプトから外れてないか?

闘技場

PvPじゃないよ!
最大6人PTで次々と湧いてくるエネミーを撃破してクリアタイムを競うタイムアタックダンジョン。
難易度は複数あり、C,B,A,Sあり、必要バトルスコアがないと入場できない。
制限時間は30分。
報酬はお金、経験値、GCポイント等。

タイムアタックのランキング

CBTではWeb公式サイトでのランキング公開。今後はゲーム内でランキングを設ける予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。